トップページ > 生地 > リバティプリント(ホビーラホビーレオリジナル)

リバティプリント(ホビーラホビーレ)

11月20日リバティプリント

【新商品のご案内】

2020 早春のリバティプリント
スイーツ、リボン、車など、使うことが楽しくなるようなリバティプリントをセレクトしました。 可愛いオリジナルのファブリックで、お子様の新生活を応援してあげましょう。
<タナローン>3柄9種をお届けいたします。【11月20日(水)発売】

<ホビーラホビーレのリバティプリントについて>
ホビーラホビーレでは、1994年から、リバティ社のデザインの中から柄を選んでオリジナルの色づけをし、企画・販売しています。
リバティ社のデザインはクラシック柄といわれる昔から続く柄と、毎年新しく発表されるトレンド性の高いファッション柄とに分かれています。
ホビーラホビーレは、その中から、より手づくりに向く生地の柄をセレクトし、毎年新しいデザインとして発表しています。
リバティ社から届く最新のデザインを中心に、古典柄も加え、色合いを優しくしたり、柄のサイズを拡大・縮小するなど日本の女性に合うよう配慮して企画しています。


お好みの素材から生地を探す場合は、下記をご利用ください

280 件中 1-80 件表示  1 2 3 4 次のページへ最後のページへ






















280 件中 1-80 件表示  1 2 3 4 次のページへ最後のページへ



11月20日リバティプリント

2020 早春のリバティプリント
スイーツ、リボン、車など、使うことが楽しくなるようなリバティプリントをセレクトしました。 可愛いオリジナルのファブリックで、お子様の新生活を応援してあげましょう。
<タナローン>3柄9種をお届けいたします。


9月20日リバティプリント

2019 秋のリバティプリント
リバティプリントのソフトコールは、温かみや着心地にこだわった、注目素材とリバティプリント。 上品なシンプルスタイルでお届けします。
<ソフトコール>1柄3種をお届けいたします。


9月10日リバティプリント

2019 秋のリバティプリント
リバティプリントのソフトコールは、温かみや着心地にこだわったファブリック。 この季節ならではのモードな装いを美しいボタニカルデザインでご提案します。
<ソフトコール>3柄6種をお届けいたします。


8月25日リバティプリント

2019 秋のリバティプリント
リバティプリントのビエラやソフトコールなど、温かみや着心地にこだわったファブリックが充実。 この季節ならではのモードな装いをおすすめデザインでご提案します。
<ビエラ>1柄3種、<ソフトコール>2柄6種をお届けいたします。


8月10日リバティプリント

2019 秋のリバティプリント
タナローンのほかにシーズンファブリックとしてコットンビエラを加えたリバティプリント。 モダンなものからクラシカルなど秋口にぴったりのデザインを、落ち着いた配色でご用意しました。 繊細で落ち着いた色合いのファブリックをワンピースやスカート、バッグや小物などでお楽しみください。
<タナローン>4柄12種をお届けいたします。


7月25日リバティプリント

2019 秋のリバティプリント
シーズンファブリックとして、落ち着いた配色でコーディネートしやすいリバティプリントが登場。 新柄の<ルクソール>や<カモ・フラワー>、<キアラ>など秋口にぴったりのデザインをご用意しました。 繊細で落ち着いた色合いのファブリックをワンピースやスカート、バッグや小物などでお楽しみください。
<タナローン>4柄9種をお届けいたします。


7月10日リバティプリント

2019 初秋のリバティプリント
初秋を演出するリバティプリントは、今年の新柄4種を含む8柄をご紹介。 この季節ならではの深みのある色付けをした、エレガントで華やぎのある秋の装いをお楽しみください。
<タナローン>8柄19種をお届けいたします。


6月10日リバティプリント

2019 盛夏のリバティプリント
さわやかなカラーの<セランダイン>、珍しい花の香りや感覚に満ちた<アリスズ・ガーデン>など、繊細に描かれた美しい花柄が魅力のファブリックをご紹介。清涼感ある色づけで夏の装いをお楽しみください。
<タナローン>3柄9種をお届けいたします。


5月10日リバティプリント

2019 夏のリバティプリント
深みのあるブルーを使った<リトル・マーカス>、シンプルなバラを一面に描いた、爽やかな白地の<スペックルド・ローズ>など、繊細に描かれた美しい絵柄が魅力のファブリックをご紹介。 ホビーラホビーレの色づけでリバティプリントの世界観をお楽しみください。 <タナローン>9柄29種をお届けいたします。


4月10日リバティプリント

2019 春のリバティプリント
ノースリーブや半袖の季節には、大きな花柄やボーダー柄を活かしたシンプルスタイルが魅力的。 透明感を感じる色合いや、繊細に生き生きと描写した個性が際立つ人気柄などをそろえました。
軽快で華やかな配色のファブリックをワンピースやスカート、バッグや小物などでお楽しみください。 <タナローン>6柄17種をお届けいたします。


3月10日リバティプリント

2019 春のリバティプリント
春のリバティプリントは、<リッカルド>、<ヨークシャー・ローズ>をはじめ、明るい光に映える優しく愛らしい花柄を数多くそろえました。
軽快でかわいらしい配色や、華やかな中に落ち着きのある配色のファブリックをワンピースやスカート、バッグや小物などでお楽しみください。
<タナローン>13柄36種をお届けいたします。


2月10日リバティプリント

2019 春のリバティプリント
春のリバティプリントは、明るい光に映える優しく愛らしい小花柄を数多くそろえました。
軽快でかわいらしい配色や、華やかな中に落ち着きのある配色のファブリックをワンピースやスカート、バッグや小物などでお楽しみください。
<タナローン>14柄38種をお届けいたします。


1月10日リバティプリント

2019 早春のリバティプリント
新シーズンのためにご紹介するリバティプリントは、着心地のよさが魅力。 洗練された上品な光沢とソフトな風合いのスウェード素材をワンピースやスカートでお楽しみください。 <シルキーブライトスウェード>1柄3種をお届けいたします。






コラム【リバティプリントとは】

リバティの歴史

「リバティ」と聞くと花模様をイメージされる方が多いと思いますが、 実は英国・ロンドンにある老舗百貨店のことを指しています。
その歴史は古く、1875年に実業家アーサー・リバティ氏が東洋の装飾品や美術品などを扱う小さなお店をオープンしたのが始まりです。
当初、彼が雇うことができたのは、16歳の少女と日本人の少年だったとか。
しかし、リバティは、当時のヨーロッパではとても貴重だった東洋の製品を独自のセンスで仕入れ、あらゆる室内装飾品を充実させて事業を拡大しました。

その後、「モダンデザインの父」と呼ばれるウィリアム・モリスや、 アーツ・アンド・クラフツ運動(19世紀末から20世紀初頭にかけて、イギリスに起こった工芸革新運動)における中心的存在の著名なデザイナー達と様々な交友を深め、 リバティ百貨店をロンドンで一番格式のある最もおしゃれな店として確立していきます。 1924年には外観、店内とも設計を工夫した新店舗が完成。(左の写真)

それに伴って居心地のいい雰囲気のディスプレイで人気を博し、オリジナル商品を多数製作、販売してきました。

その中で最も有名なものが「リバティプリント」です。


リバティプリント

リバティプリントは元々、 日本の絹織物からインスピレーションを受けたと言われており、アールヌーボー柄や小花柄、植物やペーズリーなどが繊細なラインで描かれ、 モノトーンから多色まで微妙な色彩のハーモニーを奏でています。 また、リバティプリントの柄には全て名前がついており、人名や植物の名前が圧倒的に多く使われているのが特徴です。

豊富な種類のリバティプリントですが、小さなモチーフデザイン(小花柄など)が描かれているという共通点があります。 これは天然繊維の宿命とされているのしわを目立たなくするという、 デザイン性だけでなく機能面でも優れていることを表しています。

その他、タナローンが使われている点もリバティプリントの特徴として挙げられます。 タナローンはシルクがとても高価だった時代に庶民の手に届くようにと開発されました。シルクと見まごう手触りとつやは、 しなやかな細番手のコットンの糸を使って再現したもので、当初、スーダンのタナ湖付近でとれる超長綿を使用したことからその名がつきました。

そして現在でも、ほとんどのプリントはタナローンの生地名で発表され、 リバティプリント=タナローンと言われるほどになりました。


このタナローンは、肌触りが良いだけでなく縫いやすさも魅力の一つであり、裁縫が得意ではない方にもおすすめの生地です。 ブラウスやワンピースなどに贅沢に使用するのはもちろん、クッションやコースター、カフェカーテンといったインテリアに使用してもとてもおしゃれです。

毎年、春と秋にパリで行われる「プルミエール・ビジョン」というテキスタイルの見本市では、 リバティの次のシーズンコレクションが世界中のバイヤー達の注目になります。なんと言っても、 その年のプリントの流行を予見する最も重要なデザインですから、主にファッションを重視したモダンなプリント、 古典柄をアレンジしたプリントなどがそのシーズンのイメージトレンドとして、カラーパレットとともに発表されています。





コラム【ホビーラホビーレオリジナルのリバティプリントとは】

ホビーラホビーレオリジナルのリバティプリントの始まり

リバティプリントの緻密で繊細な小花は、 愛らしさだけでなく華やかさや清楚感が漂います。
ホビーラホビーレのリバティコレクションは、1994年よりリバティ・ロンドンから届く最新のデザインを中心に、手づくりに使用しやすい生地の柄を選び、 オリジナルの配色を行った生地の企画・生産をし、販売しています。

古典柄をアレンジしたり、日本人に似合うようプリントのサイズを変更したり、 色合いを優しくしたりと、様々なことに考慮したオリジナルのリバティプリントです。

また、人気の柄を組み合わせ、ソーイング向けにアレンジしたものや、 リバティ・ロンドンがホビーラホビーレのために描き下ろした柄を<ビスポーク柄>として発売しています。
他では手に入らないホビーラホビーレだけの柄です。
ホビーラホビーレオリジナルリバティプリントをチェックしていただければ、きっと気に入る生地が見つかると思います。


ホビーラホビーレオリジナルリバティプリント素材へのこだわり

ホビーラホビーレでは、タナローンの他にも春夏に向く綿麻スラブローンやシルクコットンローン、 ファインジャージ、スノーカットドビー、秋冬に向くコットンビエラやソフトコール、キルティングなど、 ご自宅でも扱いやすいソーイング向けの素材をご提案しています。

これらの素材にもタナローン同様、柄を厳選し、柄のサイズや配色をその年のトレンドに合わせオリジナルのアレンジを加えています。 例えばスノーカットドビーは、ソフトワッシャーをかけたさわやかな風合いが魅力で透け感のある軽やかな生地です。 これをリバティプリントの<ジョセフィンズ・デイジーズ>や<ガーデン>と組み合わせ、上品な可愛らしさでご紹介しています。

ホビーラホビーレのソフトコールは、肌触りがとても滑らかで、ふんわりと暖かく、とても扱いやすいのが特徴です。 リバティ社のコーデュロイとはまた違った風合いを兼ね備えております。 このように、ホビーラホビーレでは、色柄に加え素材にもこだわり、手づくりを通じてお客様へワンランク上の上質な暮らしをご提案しています。


ホビーラホビーレオリジナルリバティプリントを使って

ホビーラホビーレではリバティプリントを使って気軽に手づくりが楽しめるよう、丁寧な説明書付きのキットもご用意しています。 シンプルで使いやすいバッグなど、リバティプリントでつくる手づくりキットは、可愛らしさだけでなく実用的であることも魅力のひとつです。


リバティプリント(リバティ社)の生地を取り扱い

ホビーラホビーレでは、リバティプリント(リバティ社)の生地をコレクションごとに、 柄やカラーを厳選しご用意しています。
タナローンはもちろん、フランダースリネン・シルクコットンローン・シェラトンジャージ・コーデュロイなど、 季節に合わせてリバティ社で発表される素材も豊富に、ホビーラホビーレで取り扱っておりますので、 ぜひご利用ください。



・ご覧いただいているPCの環境やロット違いなどにより、実際の色と多少異なる場合がございます。
・また、画像と材料の仕様などが一部変更になる場合がございます。ご了承下さい。
・送料、お支払い方法などお買い物ガイドはこちらです。
・メール便のご利用は、必ずお買い物ガイドをご確認の上、ご利用ください>> 2-3. 送料について