CLOSE

トップページ >  コラム >  Sanderson~サンダーソンで楽しむ英国スタイル~

Sanderson~サンダーソンで楽しむ英国スタイル~

HOBBYRA HOBBYRE × Sanderson

Sanderson~サンダーソンで楽しむ英国スタイル~

『サンダーソン』は、英国インテリア装飾の分野では最も長い160年以上の歴史を誇っています。

1920年代から1930年代には、英国王室からも制作依頼が舞い込むようになり、まさしくインテリア装飾業界でのリーダーになりました。
1957年、サンダーソンスタジオのデザイナーであったケニース・ヴィヴィアン・トルーマンによって、 後に『サンダーソン』を象徴するようになる自然主義的な花柄のデザインが創造されました。
そして、1960年、サンダーソンの100周年記念デザインとして「チェルシー」という花柄を発表しました。
この「チェルシー」は、爆発的な人気を呼び『サンダーソン』 を代表する柄になるとともに、 世界で最も複製された柄の一つになりました。

ホビーラホビーレでは45周年特別企画の第二弾として国内ハンドクラフトメーカーで唯一、 『サンダーソン』とライセンス契約を締結し、それらの柄を限定販売します。 象徴的なアーカイブ柄「チェルシー」を含む9柄を3色展開でご用意しました。優美なボタニカルプリントの魅力をご堪能ください。


Sanderson~サンダーソンで楽しむ英国スタイル~

© Sanderson

『サンダーソン』、そのストーリー

『サンダーソン』は、英国インテリア装飾の分野では最も長い160年以上の歴史を誇っています。

『サンダーソン』は、1860年にアーサー・サンダーソンによって設立されました。 多様なスタイルで洗練されたインテリア装飾を提案し、たちまち英国内で成功を収め、やがて世界的にも知られる人気ブランドになりました。

その成功要因の一つとして、当時ライバルであった壁紙の会社を次々と買収したことがあります。 中でも最も重要な案件は、言うまでもなく、モリス商会の全ての壁紙印刷を請け負っていたジェフリー商会の買収でした。 この一連の買収によって、チャールズ・レニー・マッキントッシュ、クリストファー・ドレッサー、 C・F・A・ヴォイジー、A・W・N・ピュージン、ウォルター・クレインなどの、素晴らしいデザイナーの作品を獲得しました。

『サンダーソン』は、継続的に革新的な壁紙を制作、ブランディングして、その顧客へ提供し続けました。 そして、保守的、コンテンポラリー問わず、色々な壁紙のデザインを増やしていきました。 1921年には、購入したアクスブリッジの敷地にテキスタイル工場を建設し、 新事業として様々な種類のテキスタイル(生地)を制作するようになりました。 当時、大衆向けとしては初めての女性専門誌が発刊されましたが、そこへも積極的にブランド宣伝活動を行いました。 これは『サンダーソン』のマーケティング方針である、直接一般の消費者へブランドの想いを伝える、ということを反映したものでした。

1920年代から1930年代には、英国王室からも制作依頼が舞い込むようになり、まさしくインテリア装飾業界でのリーダーになりました。

戦後のあまり元気がない時代にあっても、バーナーズストリートにあったショールームで展示会を行い、 そのブランドと製品をアピールし続けました。

1957年、サンダーソンスタジオのデザイナーであったケニース・ヴィヴィアン・トルーマンによって、 後に『サンダーソン』を象徴するようになる自然主義的な花柄のデザインが創造されました。

1980年代、『サンダーソン』は、インテリア装飾市場に向けて、ブランド的な統一感があり、 より分かりやすいコレクションを提案する方向へとその戦略を修正しました。 そして、デザインスタジオを拡張し、新たにアーカイブ・ルームも構築しました。 このアーカイブ・ルームは、社内のデザインチーム、マーケティングチームだけではなく、 『サンダーソン』の世界的なライセンシーたちにとってのデザインインスピレーションの源泉です。 このアーカイブにある多様なデザインは、『サンダーソン』に革新的なアイディアを提供し続けており、 その膨大なコレクションをライセンシー、メーカー、インテリア関連のメディア、 そしてもちろん社内のデザインスタジオにいるデザイナー達が使用しています。 過去90年の間に生産されたテキスタイルと壁紙、約12000点を所蔵しています。 ただ、それらは今までに生産された全体数に10%に過ぎませんが。

20世紀後半、『サンダーソン』はファッショントレンドと共に事業の浮き沈みを経験しましたが、 21世紀に入り、会社の本社がロンドン郊外にあるデナムへと移転し、そのブランド所有権はウォーカー・グリーンバンク社へ移りました。 ウォーカー・グリーンバンク社は、サンダーソンの"妥協しない高い品質、お客様との関係を重視する姿勢だけでなく、常に未来を見据えたデザインスタイル、そして一般消費者の心を創造的な力で潤す"という哲学を支持しており、継続的にブランドへの投資を行いながら、その具現化に努めています。



【オンラインショップ限定】生地見本帳プレゼントキャンペーン

Sanderson~サンダーソンで楽しむ英国スタイル~

<6月10日(水)発売>
★<45周年記念> サンプル帳プレゼント★
サンダーソンの生地または生地を使用したキットを含む合計2万円(税込)以上をオンラインショップでご注文頂いた方の中から、
抽選で5名様にファブリックサンプル帳をプレゼントいたします。
※当選のご連絡はプレゼントの発送をもってかえさせて頂きます。
※ファブリックサンプル帳はご注文商品と一緒にお届けいたします。

★<45周年記念> 対象商品を含むご注文で送料無料★
6月10日(水)10:00~7月31日(金)17:00の期間中、サンダーソンの生地または生地を使用したキットを含む対象商品のご注文で、 送料無料になります♪

Sanderson フォトイメージ

サンダーソン
サンダーソンのインテリア提案
サンダーソン
2010年、サンダーソン生誕160周年の際に発刊された本
サンダーソン
2010年、サンダーソン生誕160周年のポスター
サンダーソン
1879年に創業者アーサー・サンダーソンが買収したロンドン西部にあるチズィックの敷地

サンダーソン
1879年、木版ブロックプリントで印刷したサンダーソンの壁紙
サンダーソン
1880年代のサンダーソン広告
サンダーソン
1896年、サンダーソン兄弟がロンドン、バーナーズ通り53番地に開設した事務所
サンダーソン
1914年、サンダーソンが初めてトータルコーディネートして提案したインテリアセット

サンダーソン
1919年に購入した敷地内に建設したアクスブリッジのテキスタイル工場
サンダーソン
サンダーソン壁紙の1951年広告
サンダーソン
サンダーソンファブリックの1950年広告
サンダーソン
1960年にサンダーソンの100周年記念デザインとして発表されたデザイン番号AB187「チェルシー」

サンダーソン
1959年のケニース・ヴィヴィアン・トルーマン。(この翌年、1960年にサンダーソンを代表する柄である「チェルシー」を発表。)
サンダーソン
100周年を記念して、1960年に建設された7階建てのサンダーソン本社ビル
サンダーソン
ロンドン近郊デナムにある、サンダーソンのアーカイブが保管されているウォーカー・グリーンバンク社
サンダーソン
ロンドン近郊デナムにあるアーカイブ・ルームに保管されているサンダーソンのファブリック

サンダーソン
英国を代表する、サンダーソンのフラワーモチーフ
サンダーソン
ロンドン近郊デナムにあるウォーカー・グリーンバンク社のアーカイブ・ルーム
サンダーソン
サンダーソンのインテリア提案
サンダーソン
サンダーソンのインテリア提案

© Sanderson

コラム一覧

HOBBYRA HOBBYRE × Sanderson

ホームページアドレス
https://www.hobbyra-hobbyre.com
店舗一覧はこちら
https://www.hobbyra-hobbyre.com/wp/site/store/index.html
本社所在地
〒140-0011
東京都品川区東大井5丁目23番37号
代表電話
0570-037-030
Eメールアドレス
marketing@hobbyra-hobbyre.com